岐阜県の奥美濃や飛騨南部のローカルフードで「ケイチャン焼き」というものがある。
ケイチャン=鶏ちゃん、つまり鶏を使った料理だ。
ひと口サイズに切った鶏肉に、味噌、醤油、塩、酒、味醂、唐辛子、ゴマ、ニンニクなどで
作ったタレをからめて、タマネギ、キャベツなどの野菜とともに焼いて食べる。
いまでこそ飛騨牛ブランドを大々的に売り出しているこの地域だけど、
本来は鶏肉食文化圏であり、1950年代から普及したメニューだという。
どこでも簡単に作れそうな一品であるが、現地で食べれば、こころなしかやはり美味さ倍増…
なんて気がする。
これもまた、旅先マジックというものだろうか。