「姫路おでん」というフレーズが世間に認知され始めたのは、ごくごく最近のこと。
その最大の功労者は松浦亜弥だろう。
彼女が出演する番組などで故郷・姫路のおでんについて語ったことから
マスコミがちょいちょいこれを紹介し始めた。
やがて地元有志がその流れに乗っかって、お店マップを作るなどして
「姫路おでん」を売り出している、といった状況である。

では「姫路おでん」の特徴は何か?
単純に言うと、生姜醤油で食べる、という一点に尽きる。
その由来は定かではないが、戦前からあったスタイルであるらしい。
昭和初期の姫路付近には生姜の産地があったそうで、
また近くに有名な醤油生産地・竜野が控えているといった背景から
生姜醤油で味付けするという発想が生まれたのではなかろうか。

さて、我がローカルBグル道のルールにのっとって、現地に乗り込み食べてみた。
居酒屋的な店と、おでん専門店の2軒をハシゴしたのだが、
生姜醤油というポイントを除いては、かなり味が異なるものだった。
正直いって、やはり専門店の方が美味い。
生姜もチューブからしぼり出したのではなく、きちんとすりおろしたてのものを使っているし、
何よりダシが違う。
選ぶなら、ワタシは断然こっちだね。
でも、居酒屋や食堂の味付けの方が、本来の姫路のおでんなのかしら?
いずれまた検証を重ねに行ってみようかな。