いまやこれを出す店は本土においても各所で見かけられるだけに、
料理名を聞いて、蛸が入ったご飯だと思う人は少なかろう。
一応書くが、メキシコ料理のタコスに使う肉そぼろ“タコミート”を
トルティーヤではなく米飯の上に乗せたもの、それが「タコライス」だ。
元となったタコス同様、千切りのレタス、チーズ、トマトなども乗せて
サルサソースをかけていただくのが一般的。

駐留米軍の存在は、沖縄の生活文化に大きな影響を与えた。
基地があれば、その付近には米兵向けの飲食店が建つ。
このメニューが生まれたのは、そんな場所であった。
時は80年代前半。
円高が進み、米兵たちは外食を控えるようになった。
上得意客であった彼らをなんとか店に呼び戻したい。
そこで基地前のある店が考え出したのが「タコライス」だった。
トルティーヤの代わりにたっぷりめのご飯。
安くてお腹いっぱいになりますよ、とアピールしたわけである。
こうして誕生した「タコライス」は米兵ばかりか地元民にもウケて、沖縄県内に広く普及。
今や吉野家、ケンタッキーフライドチキンといった全国チェーンまでが、
沖縄県内の店では「タコライス」をメニューに加えているほどである。

さて先日、元祖とされる店、そしてもう1店舗で食べてみたのだが…
2軒ともちょっとご飯のボリューム多すぎ!
さすがコストパフォーマンス重視で考案されただけのことはあるわい。