鶏飯食う人、おけいはん。

えー、関西出身者or在住経験者、あるいは鉄な人しかわからないであろうネタで書き始めたが、
今回紹介するローカルメニュー「鶏飯」は、京都でも大阪のものでもない。
そのはるか南西、鹿児島県は奄美大島のお料理である。
ちなみに読み方は“とりめし”ではなく“けいはん”。
ここを間違うと冒頭の一文がダジャレですらなくなる。

さて、「鶏飯」の原型が誕生したのは今から400年ほど前、江戸時代のことだそうな。
当時、奄美は薩摩藩の支配下にあった。
税の徴収を少しでもゆるくしてほしいという思惑もあったことだろう。
島民たちは、鶏を使った炊き込みご飯を作り、鹿児島からやってきた藩の役人を
精一杯もてなしたという。
そして時代はタダッと下って太平洋戦争後。
ある旅館の主が、奄美ならではの料理が作れないかと模索し、
前述の鶏料理を研究・アレンジして開発したのが現在の「鶏飯」である。
本来は北部でのみ食べられるものだったが、やがて島全域に伝播。
現在では鹿児島本土でも学校給食に出るほどメジャー化しているらしい。

まずは大きめの茶碗へ、ご飯をあっさりめに盛る。
その上に、細かく裂いた茹で鶏肉、錦糸玉子、スライスした味付け椎茸、刻みネギ、海苔などを
きれいに飾り、そして、鶏でダシをとった熱々のスープをかけていただく。
澄んだ金色のスープが食欲をそそるなぁ。
見た目はお茶漬け風だが、鶏ダシが効いていて、なかなか濃厚な味だ。
美味い、もう1杯!
…具が多めに用意されることもあって、つい2杯、3杯と食べ進み、
お腹パンパンになってしまった。
ふぅ・・・もうちょっと控えめな量でもいいのに。
でも元々が接待料理だから、これが正しいあり方なんだろうな。